ゲーム、ニュース情報

ゲーム、アニメ、マンガ、ニュース関連の情報を投稿します。 ゲーム関連の周辺機器も紹介していきます。

    カテゴリ: アニメ、マンガ

      mixiチェック

    2019年夏アニメ期待値の高い作品は?「一方通行」「ダンまちII」を抑えたトップは… 



    2019年も6月を迎え、間もなく折り返し地点に突入します。7月も数多くの新作TVアニメが控えており、さまざまな情報が発表されている最中です。

    【大きい画像を見る】『からかい上手の高木さん2』メインビジュアル(C)2019 山本崇一朗・小学館/からかい上手の高木さん2製作委員会


    ファン待望の続編や人気シリーズスピンオフ、予想のできないオリジナルタイトルなどを期待している読者も多いでしょう。その中で最も熱い視線が注がれているタイトルは一体何なのでしょうか?

    そこでアニメアニメ!では、「2019年夏アニメ 期待値の高い作品は?」と題した読者アンケートを実施しました。6月2日から6月9日までのアンケート期間中に394人から回答を得ました。
    男女比は男性約60パーセント、女性約40パーセントと男性が少し多め。年齢層は19歳以下が約30パーセント20代が約30パーセント、30代が約20パーセントでした。

    トップは『高木さん2』 人気シリーズが上位に
    1位は『からかい上手の高木さん2』。支持率は約23パーセントでした。
    『高木さん2』は「ゲッサン」にて連載中のラブコメディが原作。隣の席の女の子・高木さんと、彼女に何かとからかわれてしまう男の子・西片のやり取りを描いたヒット作です。



    2018年冬の第1期に続く新シリーズには「1期は毎回、萌え死にそうでした。さらにパワーアップしてそうですからね♪」や「高木さんと西片くんの胸キュンな続きが楽しみです」と期待のコメントが届いています。

    2位は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII』。支持率は約19パーセントでした。
    本作は「GA文庫」にて刊行中の人気小説が原作。迷宮都市オラリオを舞台に女神ヘスティアと冒険者ベル・クラネルダンジョンを探索するファンタジーであり、2015年にはアニメ第1期、2017年には外伝をオンエア。2019年2月には劇場版が公開されました。テレビシリーズは実に4年ぶりということもあり、「待ちに待っていた」という声が多く見られました。ベルの新たな冒険に要注目です。

    3位は『とある科学の一方通行』。支持率は約16パーセントでした。
    一方通行』は、『とある魔術の禁書目録』や『とある科学の超電磁砲』などで知られる「とある」シリーズスピンオフコミックです。主人公学園都市トップクラス超能力者・一方通行(アクセラレータ)。最強最悪のダークヒーローである一方通行の活躍がどのように描かれるのでしょうか。



    ■ 男女別ランキングでは大きな違いも!!
    男性のみのランキングでは1位が『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII』、2位が『からかい上手の高木さん2』、3位が『とある科学の一方通行』。

    女性のみのランキングでは1位が『あんさんぶるスターズ!』、2位が『ギヴン』、3位が『からかい上手の高木さん2』で、男女ともに支持を集めた『からかい上手の高木さん2』がトップに輝きました。



    女性トップの『あんさんぶるスターズ!』はスマートフォン向けアプリゲームが原作。「大好きな声優さんが出演していらっしゃるから」というコメント通り、男性アイドルを数々の人気声優陣が演じています。
    女性2位の『ギヴン』は「シェリプラス」にて連載中の青春バンドストーリーノイタミナ初となるBLコミックアニメ化ということで、「ノイタミナの歴史に新たな扉を開くのが楽しみです」と期待の声が寄せられています。



    期待値アンケートでは人気シリーズの続編やスピンオフが上位に並ぶ結果となりました。最新情報を見逃さないようにして、7月のオンエアに備えましょう!

    ランキングトップ10
    [2019年夏アニメ 期待値の高い作品は?]
    1位からかい上手の高木さん2
    2位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII
    3位 『とある科学の一方通行
    4位 『あんさんぶるスターズ!
    5位 『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-
    6位 『炎炎ノ消防隊
    6位 『ギヴン
    8位 『ありふれた職業で世界最強
    9位 『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?
    10位 『戦姫絶唱シンフォギアXV


    (回答期間:2019年6月2日6月9日


    ランキングトップ20
    [2019年夏アニメ 期待値の高い作品は?]
    1位からかい上手の高木さん2
    2位ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII
    3位 『とある科学の一方通行
    4位 『あんさんぶるスターズ!
    5位 『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-
    6位 『炎炎ノ消防隊
    6位 『ギヴン
    8位 『ありふれた職業で世界最強
    9位 『通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか?
    10位 『戦姫絶唱シンフォギアXV
    11位 『彼方のアストラ
    12位 『ヴィンランド・サガ
    12位 『可愛ければ変態でも好きになってくれますか?
    14位 『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。
    14位 『Dr.STONE
    16位 『荒ぶる季節の乙女どもよ。
    17位 『ソウナンですか?
    18位 『スタミュ(第3期)』
    18位 『まちカドまぞく
    20位 『かつて神だった獣たちへ

    (回答期間:2019年6月2日6月9日【ほかの画像を見る】「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII」(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 2 製作委員会

    「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII」(C)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ダンまち 2 製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【アニメ】2019年夏アニメ期待値の高い作品は?「一方通行」「ダンまちII」を抑えたトップは…】の続きを読む

      mixiチェック

    東映アニメーション株式会社は、新たな試みとして「東映アニメーション100アニメプロジェクト」を始動する。

    東映アニメーション 100アニメプロジェクト」では、次世代のオリジナルアニメや優秀なクリエイターの発掘を目的に、年齢、性別、経歴などを問わずオリジナルアニメ企画を広く一般から公募。新しい発想を持つクリエイターとともに、100年続くアニメを制作したいという思いから、当プロジェクトは立ち上げに至ったという。

    ワンピース』『ゲゲゲの鬼太郎』『ドラゴンボール』など、時代を代表する人気アニメを数多く生み出し、創立60周年を経た東映アニメーションとしても、アニメ企画の一般公募は初めての試みとなる。

    プロジェクトは、アニメの企画を募集する3種類のコースクリエイター&製作プロデューサーを募集するコースの全4種類となっている。アニメの企画募集には、これまでにアニメや映像製作の経験がない未経験者でも挑戦し易い、アイデア重視の「コースA:だれでもアニメコース」、アニメなどの映像製作経験者の方を主な対象とし、企画の完成度を重視する「コース B:プロでもアニメコース」、「一休さん」を自由な発想でリメイクする「コース C:みんなでリメイクコース」が。どのコースも大賞を受賞すればTVアニメーションWeb配信、劇場公開など、企画にあわせたメディア展開を予定している。

    また、「東映アニメーション 100アニメプロジェクト」の立ち上げに伴い、東映アニメーション代表取締役社長の髙木勝裕へのインタビューを実施。今回のプロジェクトに対する思いや、これからのアニメについて語っている。

    ――本プロジェクトを実施することになったきっかけをお教えください。

    髙木:アマチュアからの募集も含め、今回のように広くアニメ企画を公募するのは東映アニメーションにとって初の試みです。

    いま社内でも多くの企画が出ていますが、それ以外にも、これまで弊社になかったような新しい視点の企画が生まれることを期待して、外の人の力を借りていこうと考えました。

    具体的には「どこかで見たことがあるな」「何かに似ているな」と感じさせない作品です。うまい、下手ではありません。こんな発想があったのか、と驚きを感じさせる内容をお待ちしています。
    映像の技術は日々進化しています。だからこそストーリーの大事さが浮き彫りになってくるのです。



    ――プロジェクトテーマ100アニメ」に込められた思いはどのようなものですか?

    髙木:弊社の代表的アニメである「ドラゴンボールシリーズが34年、「ワンピース」が20年、「プリキュアシリーズが16年続き、いまもこれらの作品がヒットの前線にいます。

    時代背景によって設定などを変えていく必要があると思いますが、良い作品であれば長く続いていくはずです。テーマ100アニメ」には、細かい変化はあっても100年継続するタイトルを進めていきたいという思いが込められています。

    ――髙木社長が考える「長く続くアニメの定義」とはどのようなものでしょうか?

    髙木:それは私も知りたいところですが。ひとつ言えることは時代にあった作品を作り続けること。同じタイトルの作品でも、その時々の価値観や時代背景を考慮して柔軟に対応していくことが大事だと思います。

    ――今、アニメ業界はどのような状況にあるとお考えですか?

    髙木:本音を言えば、世に出ていく作品数に対してヒット数が少ないと感じています。制作にお金のかかるアニメ作品からどうやって利益を出していくか。それには作品の二次利用を成功させるかどうかが鍵になります。

    厳しく言うなら、制作側が満足のいく作品ができたとしても、世間の目に触れる機会がなければ自己満足で終わってしまう。確かに技術の進歩によって、個人でもアニメ制作ができる時代にはなりました。しかし、多くの人を巻き込むことで作品はできあがっていくものだと考えています。ですからアイデアをお持ちの方には、本プロジェクトをぜひ、活用してほしい。

    私たちには作品を成功させるための、長年培ってきたノウハウがあります。海外進出も視野に入れ、しっかりとバックアップしていきたいですね。

    ――受賞作品は海外展開もありうると?

    髙木:そうですね。東映アニメーションは日本だけでなくアメリカヨーロッパアジアにそれぞれ拠点を持っています。昨年末に公開した「映画 ドラゴンボール超 ブロリー」は、日本はもちろん、それ以上に海外で大きなヒットとなりました。受賞作品は世界規模での展開を考えていきたいですね。

    ――現在どのようなアニメが多くの人々に愛されるのでしょうか?

    髙木:大ヒットにつながる作品に共通するのは、どのような層にも受け入れられる内容です。アニメに興味のない人たちでも「ちょっと見てみようかな」と思わせる、間口の広い作品が求められています。

    私が東映アニメーションに入社したころは「アニメ子どものもの」というのが常識でした。それが時代とともに視聴者層が広がっていきます。性別ごとにターゲットを分けた「男女別作品」も、いまでは少なくなりました。アニメの社会的地位は大きく変わりましたね。昔と比べ、劇場公開作品が増えたことにもあらわれていると思います。



    ――具体的にはどのような変化を体感してきましたか?

    髙木:私が入社して間もないころに、鳥山明先生原作のアニメDr.スランプ アラレちゃん」がヒットしました。それ以前は、ヒロインは金髪で目がぱっちり、きれいな服を着ているのが“お決まり”でした。
    ところが本作の主人公則巻アラレは紫色の髪にメガネカジュアルな帽子をかぶっている頭身が低い女の子。当時の常識から外れた見た目でしたが、いざ放送してみると作品がヒットし「これが当たるのか」と驚きを隠せませんでした。

    週刊少年ジャンプ」に連載していたこともあり、男性向け作品として舵を取りましたが、放送が始まると女の子からも多くの支持を受けました。“常識”に当てはめて動いてみたら、意外な結果が待っていた(笑)

    ――まさに、アニメの常識が大きく変化した瞬間ですね。

    髙木:それから10年ほど経ち、次はアニメ美少女戦士セーラームーン」が女の子の間でブームになりました。“女の子たちの戦隊もの”も当時としては衝撃的でした。「時代の当たり前」を変える力を持つ作品。その目新しさが多くの人の目を引くのかもしれません。

    ――新元号・令和を迎え、新たな価値観の作品が生まれる日はやってくるでしょうか?

    髙木:遠い話ではないと思います。固定概念にとらわれず新たな想像力で企画を生み出してほしいですね。むしろこれまでアニメ業界に関わってきていない人のほうが、損得や過去の成功例を気にせず自由に発想できるのでは。どんな斬新な企画が寄せられるのか、いまからとても楽しみです。

    関連画像キャプション


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【【アニメ】「東映アニメーション100年アニメプロジェクト」始動!】の続きを読む

      mixiチェック

     白十字は、夏のレジャーシーズン到来に先駆け、手軽さと医療品質を兼ね備えた「FCキズ処置シリーズ」の大型絆創膏や包帯など7製品と、人気アニメ僕のヒーローアカデミア』通称“ヒロアカ”とのコラボキャンペーン6月1日(土)より開始。

     白十字「キズ処置シリーズ」の対象7製品のバーコードを集めて所定のハガキで応募するとキャンペーン限定の『僕のヒーローアカデミアグッズなど豪華賞品が抽選で当たるプレゼントと、フォロー&リツイートで応募ができ、“ヒロアカキャラクター緑谷出久爆豪勝己麗日お茶子の3人による「キズの決めゼリフ」略して”キズゼリフ”がリプライで返ってくる、Twitterでのプレゼント企画をそれぞれ実施。

    キャンペーンサイトhttps://www.hakujuji.co.jp/special/heroaca/

    キャンペーン期間
    2019年6月1日(土)~2019年8月31日(土)

    ハガキで応募:プレゼント賞品


    バーコード6枚コース【10名様】 :Nintendo Switch
    バーコード3枚コース【30名様】 :オリジナルビッグクッション
    バーコード2枚コース100名様】:オリジナルQUOカード5,000円分
    バーコード1枚コース100名様】:オリジナルトートバッグ
    外れた方の中からWチャンス 【650名様】オリジナルバッジセット

    キャンペーン対象商品


    救急絆や包帯など、ワンタッチで簡単装着ができる手軽さに医療品質を兼ね備えた「キズ処置シリーズ」。
    キャンペーンの対象はパッドタイプの4製品となります。
    ・FCワンタッチパッド:S/M/L(お徳用含む)
    ・FC防水ワンタッチパッド:S/M/L(お徳用含む)
    ・FC高吸収ワンタッチパッド:S/M/L
    ・FCモイストヒーリングパッド:S/M/L
    ・FC防水フィルム フリーカット:M/L
    ・FCワンタッチ包帯      :S/M
    ・FCステラーゼ        :S/M/L/LL(お徳用含む)

    Twitterで応募
    「叫べキズゼリフ!」フォロー&リツイートプレゼント


     キャンペーン期間中、白十字キャンペーン公式Twitterアカウントをフォローし、毎日投稿される応募用ツイートリツイートすれば応募は完了。期間中は毎日参加可能。応募のリツイートをするとリプライで、緑谷出久爆豪勝己麗日お茶子の3人による、あなたの毎日を勇気づける様々なボイス付”キズゼリフ”がランダムに届きます。3人の”キズゼリフ”は月ごとに変化するので毎日楽しみながらご参加いただくことができる。

     プレゼントは各月50名様ずつ・合計150名様分を用意。第1・2期では直径150mmのキラキラBIG缶バッジが50名ずつ100名様に抽選でプレゼント8月9日10時(は・く・じゅうじ)からの第3期では新たなプレゼントが公開される。

    <白十字キャンペーン公式Twitterアカウント
    https://twitter.com/hakujuji8910

    TVアニメ僕のヒーローアカデミア』情報>
     「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中、堀越耕平によるシリーズ累計発行部数2200万部超の人気コミックを原作とするTVアニメ。世界総人口の8割が“個性”と呼ばれる超常能力を持つ世界を舞台に、“個性”を駆使して人々や社会を守る職業「ヒーロー」になることを目指す主人公緑谷出久(いずく)、通称“デク”が、ヒーロー輩出の名門校・雄英高校で仲間たちと共に成長し、社会を脅かす犯罪者・敵<ヴィラン>に立ち向かう姿を描く。TVアニメシリーズはこれまでに第3期まで放送され、今年10月より読売テレビ日本テレビ系で第4期が放送開始。アニメ劇場版2018年に第1作が公開され大ヒットを記録、そして今冬には最新作の公開が予定されている。


    僕のヒーローアカデミア』公式ホームページ
    http://heroaca.com/

    ©堀越耕平集英社僕のヒーローアカデミア製作委員会



    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【『僕のヒーローアカデミア』×白十字「キズ処置シリーズ」コラボキャンペーンがタート:キズゼリフ”があなたの毎日を応援する!】の続きを読む

    このページのトップヘ