サイバーパンクRPG『Cyberpunk 2077』の発売が2020年4月に決定。キアヌ・リーブスの出演も決定、公式サイトでは予約販売も 



 CD Projekt REDは本日実施された「Xbox E3 2019 メディアブリーフィング」にて、Cyberpunk 2077』4月16日リリースすると発表した。対象プラットフォームはPC/PS4/Xbox One。なお国内ではXbox One版はデジタル販売のみとされている。

 すでに公式サイトでは予約販売も開始されており、現時点で日本国内からはPC版SteamかGOG.comにて購入することができる。価格は69.99ドル/8618円。Epic Games Storeでの販売や、PS4版とXbox One版の予約販売も順次開始されていくようだ。

(画像はYouTube | サイバーパンク2077 — E3 2019 公式シネマティックトレーラーより)

 『Cyberpunk 2077』にはサウンドトラックデジタルブックレットソースブックデスクトップおよびモバイル向け壁紙が付属する。さらにGOG.comでは4つの特典があり、購入した場合には追加となる限定デジタルブックレットと壁紙、プリント品質のポスター複数に、GOG.comにおける期間限定の30%オフサービスが付属する。

 また日本国内ではPS4版のみとなるが、「コレクターズ・エディション」も発表され、フィギュアなど各種豪華特典が付属する。同梱物は以下のとおり。

・コレクターエディションボックス
ゲームソフトディスク版)
リバーシブルカバー
・限定スチールブック
主人公 “V(ヴィー)” 25CMスタチュー
ハードカバーアートブック
メタルピンセット
QUADRA VTECH メタルキーホルダー
・『ナイトシティ観光ガイド』(注釈付き・ナイトシティ市警の証拠品収納袋に封入)
ワッペンセット
ゲームの世界観を解説する『ワールド・コンペンディウム』
・ナイトシティポストカード
・ナイトシティマップ
ステッカーボムセット
・同梱デジタルグッズ
ゲームサウンドトラック
ゲームに登場するアートを掲載したブックレット
・『CYBERPUNK 2020』ソースブック
デスクトップモバイル向け壁紙

 なおE3 2019の発表会では最新トレイラーも公開され、ゲーム内にキアヌ・リーブスが登場することが発表。ステージ上にも本人が現れ、大きな歓声が沸き起こった。

文/ishigenn

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイトAUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter@ishigenn


(出典 news.nicovideo.jp)