東京・池袋で車が暴走し、母子2人が死亡した事故で、運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)が入院先から退院し、警察による任意の事情聴取を受けた。

元高級官僚という経歴を念頭に「上級国民だから逮捕されないのか」といった疑問の声が以前からネット上であがっていたが、今回の各メディア報道で、警視庁は退院後も逮捕せずに在宅のまま捜査を続ける方針と伝えられたことを受け、疑問の声が再燃している。そうした中、元裁判官の八代英輝弁護士は「退院されて事情聴取を受けた時点で、逮捕するのが普通だと思いますね」と、情報番組で指摘した。

「違和感を持っている人が多くてですね」

2019年4月19日の事故で胸の骨を折るなどして入院していた飯塚元院長は5月18日、退院して警視庁目白署に出頭し、任意で事情聴取を受けた。両手に杖を持ってマスクサングラス姿で署に出入りする際の様子は、テレビ各局が映像つきで伝えた。逃亡や証拠隠滅の恐れがないとして、警視庁は今後も逮捕はせずに在宅で捜査を続ける方針(毎日新聞19日ウェブ版など)などと複数のメディアが報じている。

週明けの20日放送の「ひるおび!」(TBS系)も、今回の退院・任意聴取を取り上げた。八代弁護士は、「退院後も逮捕なし」の現状への違和感を口にした。前半は、

「この事件って信号無視で、横断歩道を渡っていた何の過失もない2名が死亡している事故なんです。それで、実質否認事件なんですね」

と指摘した。調べに対し当人が、事故を起こしたことは認める一方で、ブレーキが効かなかった、アクセルが戻らなかったと主張していると報じられており、八代弁護士は「これは恐らく踏み間違えという認定がされると思いますけど」とみており、これが「実質否認」という表現につながったようだ。ブレーキなどの機能については、「乗用車機能検査で異常なし」(7日、共同通信)という趣旨の複数の報道が出ている。

八代弁護士は続けて、

「否認事件であって、今までは胸骨骨折で入院中だったので身柄拘束を見送るという運用は分かるんですけれど、おととい(18日)退院されて事情聴取を受けた時点で、通常だったら逮捕状(を取って)、逮捕するのが普通だと思いますね。それをなぜ今回見送ったのかについて、違和感を持っている人が多くてですね」

と指摘。その上で、

「逮捕状の請求の運用というのを警視庁恣意的に行っているんじゃないか、という疑惑を持たれると良くないと思うんですね。逃亡の恐れがないとか、じゃあ今まで逃亡の恐れがなさそうな案件で逮捕してこなかったのかというと、決してそうではないので」

と、「違和感」をもたれる背景を解説し、

「この容疑者に関してだけ、なぜそのような運用をするのか、もう少し詳しく説明して頂きたいな、と思いますね」

と要望した。

情報番組では「なぜ逮捕しないのか?」の字幕も

また、同じ20日の放送で「とくダネ!」(フジテレビ系)も退院・任意捜査の話題を伝えた。「なぜ逮捕しないのか?」という字幕も登場した。弁護士見解としては、元東京地検特捜部で、元衆院議員の若狭勝氏の話がパネルで紹介された。若狭弁護士

「(編注:これまでの捜査で)証拠がかなり揃ってきているので、逮捕の必要がない。逮捕しても勾留請求が(裁判所に)認められず、釈放されると考え、逮捕しなかった可能性も」

などと指摘しつつ、今後の展開として、

「仮に『自分は悪くない』『一切過失もない』と言い張り、完全否定することがあれば逮捕の可能性は出てくる」

との見立てを披露していた。

退院前のメディアによる解説でも、逮捕をしない理由として、当人が入院中であることを挙げる内容が少なくなかった。フジテレビ系ニュースサイトFNN PRIME」の4月26日配信記事「池袋暴走 母子死亡事故...なぜ逮捕されない? 『上級国民』説の真相(以下略)」(めざましテレビの内容紹介)では、フジテレビ社会部デスクが、

「逮捕されないのではなく、逮捕できない状況なんです...。今回の事故によって胸を骨折していて恐らく重傷でしょう。そうするとその治療に専念しなければいけないわけですから警察としても逮捕はできない」

と放送当時の現状を解説し、その後の展開については、

「これぐらいの大事故を起こした容疑者、人物は逮捕されるケースが圧倒的に多いので、(飯塚元院長が)退院後に逮捕される可能性は十分にあると思います」

と予想していた。

事故現場では、多くの人が手を合わせて犠牲者を追悼していた(2019年4月23日撮影)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

単なる踏み間違いによる大事故だったとしても、それで罪が払拭される訳ではない。死傷者が出ていて、明らかな有罪。このような事に全力を挙げて、警察には一般車の取締を強化してもらいたい。


冥府に逃亡する可能性は?


台本通り発言する契約で出演してるだけ。逮捕しても、捜査は全部終わってるんだからすぐ保釈されるから「二度手間」だ。部屋数が限られてるのにどこに拘留するつもりだよ。


金も知恵も権力もあれば逮捕されないから、がんばって勉強して偉くなれってことか?東大出てれば前科1犯までなら社会的に許されてるしな。


このジジィはヴァルハラに行かしてはいけない。


他の死亡事故、死亡事故じゃなくても加害者は軒並み逮捕されてるのに、こいつだけ逮捕されないのはなんでなのかって話しはしないのか


これは想像だが、老人にはこういったことが時々ありそうだ。劣悪な環境で過ごさせると健康の保証ができないというか。こういう記事を書くなら、他の老人がどういう扱いを受けているかも比較として取り上げてほしいものだな。金や地位を持つ者が特別待遇のように見えると反感を覚えるというのはまあわかるが、もう少し冷静になってはどうかね?それともただ八つ当たりに来ているのか?


なんでも逮捕だ逮捕逮捕の必罰厳罰社会は好きじゃないけど、それでもやっぱり池袋の件は「逮捕しない理由」を何かしら明確にすべきだとは思う。上の方(キャリア官僚組)から手心加えろという支持があったのがミエミエと言うかなんつーか。やっすい刑事ドラマの脚本じゃないんだから


平等に誰でも1度は逮捕して、逃げたり証拠隠滅する可能性がなければその日の夜に釈放して、在宅捜査でいいかと。差別するから叩かれるんだ。


その前にこのじじい80mほど手前で自転車の男性相手にひき逃げしてるんですがね


強*事件起こした某大学生グループが何故か不起訴になったりetc、警察検察に対する不審が積もり積もった上でのコレだからな。納得して欲しいなら詳細な基準なり理由なりを開示すべきだろう。


明らかな無実の一般国民逮捕連中も同罪で


逆送男も釈放されたからなあ。放置国家を法治国家と読み違えてる奴らを逮捕しよう


逮捕しない意味が不明なんだよね。逮捕するべき人を逮捕することが出来ない警察に意義があるのかってレベルの話になる


そもそも報道された帽子にサングラスの「本人」とされる人が耳の形が明らかに違うとかで、ガス抜きのために用意した影武者説まででてるからねぇ。陰謀論ぽくて眉唾だけど、そういう話がどんどん出てくる風潮を停められないのも、警察の姿勢が曖昧だからに尽きる。無駄に世間を騒がせてる責任をキッチリ取るべき


今まではともかく、退院後はやはり違和感あるな


「アクセルが戻らなかった」とかいう虚偽発言している時点で、証拠隠滅や逃走が疑われると思うんだよなぁ・・・。


もう少し国外からの目を気にした方がいい。「多数の目撃者がいる中で人を何人もひき*て逮捕されない国」っていう事実は恐ろしく日本という国のブランドを下げるぞ。


最初の時点で即逮捕してればなあ。司法に関しても基準がはっきりしない面が多いし。何だか良くない例がまた一つ増えたようで後味が悪い。


何しても捕まらないなら、このおじいさんわがまま言い放題だね。どうかこの先町でばったり会いませんように。




ブロトピ:今日のブログ更新